Windows10のメールアプリ設定方法

Windows10にはOS標準で新しいメールアプリが搭載されています。
このメールアプリはOutlook.comやHotmailなどのマイクロソフト系のメールアカウントほか、GmailやYahooなどプロバイダのメールアカウントを追加し使用することが出来ます。

ここでは、Window10標準のメールアプリにプロバイダーのメールアカウントを追加する方法を紹介します。

  プロバイダーのメールアカウントを設定(Gmail編)

最も利用者の多いプロバイダーの一つGmailの設定を例として説明します。

  1. メニューから「メール」を開きます。
    スタートメニューからメールを開きます。

  2. メール画面で「アカウントの追加」をクリックします。
    メール画面で「アカウントの追加」をクリックします。

  3. アカウントの選択で「Google」を選択します。
    アカウントの選択で「Google」を選択します。

  4. Googleアカウントのメールアドレスを入力して、「次へ」をクリックします。
    Googleアカウントのメールアドレスを入力して、「次へ」をクリックします。

  5. Googleアカウントのパスワードを入力して、「ログイン」をクリックします。
    Googleアカウントのパスワードを入力して、「ログイン」をクリックします。

  6. アカウントへのアクセス許可で、「許可」をクリックします。
    アカウントへのアクセス許可で、「許可」をクリックします。

  7. 「完了」をクリックします。
    「完了」をクリックします。

  8. Gmailアカウントが追加されました。
    Gmailアカウントが追加されました。

  プロバイダーのメールアカウントを設定(Yahoo! Japanメール編)

ここでは、プロバイダー一覧にないYahoo! Japanメールの設定方法を説明します。
プロバイダー一覧にないメールの設定は、受信メールサーバー、送信メールサーバーのアドレスを調べて設定する必要があります。

  1. 受信メールサーバー、送信メールサーバーのアドレスを確認します。「Yahoo Japan メールサーバー アドレス」というように検索してください。以下に、Yahoo! Japanメールの送受信サーバーのアドレスを記載します。
    サーバー種別 アドレス
    送信メールサーバー smtp.mail.yahoo.co.jp
    受信メールサーバー pop.mail.yahoo.co.jp
  2. メニューから「メール」を開きます。
    スタートメニューからメールを開きます。

  3. 設定アイコンをクリックします。
    設定アイコンをクリックします。

  4. 「アカウントの管理」をクリックします。
    「アカウントの管理」をクリックします。

  5. 「アカウントの追加」をクリックします。
    「アカウントの追加」をクリックします。

  6. 「詳細設定」をクリックします。
    「詳細設定」をクリックします。

  7. 「インターネットメール」をクリックします。
    「インターネットメール」をクリックします。

  8. インターネットメールアカウントで、アカウント情報を入力して、「サインイン」をクリックします。
    インターネットメールアカウントで、アカウント情報を入力して、「サインイン」をクリックします。

    設定項目
    メールアドレス Yahoo!Japanメールアドレス
    ユーザー名 Yahoo!Japanユーザー名
    パスワード Yahoo!Japanパスワード
    アカウント名 メール一覧で表示されるアカウント名
    受信メールサーバー 1で調べたYahoo!Japanメールの受信メールサーバーアドレス:pop.mail.yahoo.co.jp
    アカウントの種類 1で調べたYahoo!Japanメールのアカウント、大抵POP3
    メールの送信(SMTP)サーバー 1で調べたYahoo!Japanメールの送信メールサーバーアドレス:smtp.mail.yahoo.co.jp
  9. 以下の画面が表示されれば、正常にアカウントが登録されています。
    以下の画面が表示されれば、正常にアカウントが登録されています。

  10. アカウントにYahoo!Japanメールが追加されました。
    アカウントにYahoo!Japanメールが追加されました。

まとめ

Windows10のメールアプリになって、Windows環境におけるメールの一元管理がとても簡単になりました。
とても便利なので、試しに使ってみる価値はあると思います。