windows10の仮想デスクトップでワークスペースを広げる

WordにブラウザにExcelにカレンダーにメモ帳に・・・、気づいたらデスクトップが開きっぱなしのアプリケーションでいっぱいになって何がどこにあるか分からなくなっていることはありませんか?
今回説明する「仮想デスクトップ」を使えば、仕事用、プライベート用といったように、用途ごとにデスクトップを切り替えて整理することで、作業を効率化することができます。

  仮想デスクトップとは

これまでのWinowsでは、基本的にデスクトップ画面が一つのみでした。Windows10では、「仮想デスクトップ」 という新機能によって、複数のデスクトップ画面を作ることができるようになりました。
用途などに合わせてデスクトップの切り替えが可能なので、作業を効率的に進めることができます。またデスクトップの数は上限なく追加することができるので、一つのソフトウェアをそれぞれの画面で表示して使うことも可能です。

  仮想デスクトップの使い方

仮想デスクトップの作成方法やアプリケーションの仮想デスクトップ間の移動方法について説明します。

  仮想デスクトップの作成

仮想デスクトップの作成方法について説明します。

  1. デスクトップを表示します。
    デスクトップを表示します。

  2. タスクバーにある「タスクビュー」をクリックします。
    タスクバーのタスクビューをクリックします。

  3. 「新しいデスクトップ」をクリックします。
    「新しいデスクトップ」をクリックします。

  4. 作成されたデスクトップをクリックします。
    新しく作成されたデスクトップをクリックします。

  5. 新しいデスクトップが表示されます。
    新しいデスクトップが表示されます。

デスクトップ画面を切り替えたい時は最初と同じように 「タスクビュー」 のボタンをクリックすれば、任意のデスクトップを選ぶことができます。

アプリケーションの仮想デスクトップ間の移動

アプリケーションを仮想デスクトップ間で移動する方法について説明します。

  1. 「タスクビュー」をクリックします。
    タスクバーの「タスクビュー」をクリックします。

  2. 移動したいアプリケーションをドラッグ&ドロップで別のウィンドウに移動します。
    移動したいアプリケーションをドラッグ&ドロップで別のウィンドウに移動します。

  3. 別のウィンドウにアプリケーションが移動しました。
    別のウィンドウにアプリケーションが移動しました。

  アプリケーションを全てのデスクトップに表示

全てのデスクトップで表示しておきたいアプリケーションなどがあれば、以下の方法で表示できます。

  1. 「タスクビュー」をクリックします。
    タスクバーの「タスクビュー」をクリックします。

  2. ウィンドウを右クリックして [このウィンドウをすべてのデスクトップに表示する] または [このアプリのウィンドウをすべてのデスクトップに表示する] をクリックします。
    ウィンドウを右クリックして [このウィンドウをすべてのデスクトップに表示する] または [このアプリのウィンドウをすべてのデスクトップに表示する] をクリックします。

  3. すべてのデスクトップにアプリケーションが表示されます。
    すべてのデスクトップにアプリケーションが表示されます。

  仮想デスクトップのショートカットキー

仮想デスクトップの操作に関するショートカットキーです。
ショートカットキーを覚えることで、仮想デスクトップの操作効率がグンと上がります。
余裕があれば使ってるとよいでしょう。

ショートカット キー 説明
Win + Tab タスクビューを表示します。
Win + Ctrl + D 新しいデスクトップを作成します。
Win + Ctrl + ← 前のデスクトップに切り替えます。
Win + Ctrl + → 次のデスクトップに切り替えます。
Win + Ctrl + F4 開いているデスクトップを削除します。

タブレットモードでは、画面左端から右へスライドするとタスクビューを表示できます。

 まとめ

デスクトップを自由に切り替えることが出来る便利な「仮想デスクトップ機能」はいかがだったでしょうか。
Windows 10 で強化されたこのマルチタスク機能を使えば仕事やプライベートだけでなく、使い方次第で作業をさらに効率化できます。