Sublime Text 3をインストールする方法【Windows】

Sublime Textは、通常のテキストエディタからプログラミング用のテキストエディタまで幅広い用途で使える人気の高機能エディタです。
今回は、Sublime Text 3のダウンロードから、Windowsへのインストールまでを説明します。

Sublime Text 3の特徴

冒頭でも述べましたが、単なるメモ帳からプログラマ用のコードエディタとしてまで使える高機能なエディタです。
以下に、特徴を記載します。

  • 高機能なのに無料(ライセンス購入あり)
  • 豊富なプラグイン
  • 軽量
  • クロスプラットフォームで使える(Windows, Mac, Linux)

このように、誰でも使えるうれしい機能が満載のエディターです。
それでは、インストール方法について説明します。

Sublime Text 3のインストール

公式ページにアクセスして、自分のOSに合わせたインストーラーをダウンロードします。

Sublime Text3のインストーラーをダウンロードします

ダウンロードが完了したら、保存したファイルを実行してインストーラーを起動します。
インストール途中の選択肢は、すべてデフォルトで問題ありません。

インストーラーを起動します

最後に「Finish」をクリックして、インストールを完了します。

「Finish」をクリックしてインストールを完了します

Windowsメニューから、「Sublime Text 3」を検索して、実行します。

Sublime Text3を起動します

起動したら、以下のような画面が表示されます。

Sublime Text3の起動画面

基本的な使い方

起動したらすぐにメモを取ることができます。

テキストファイルを編集

拡張子がhtmlのファイルなどを編集するだけで、プログラミング言語に応じてシンタックスハイライトされます。

HTMLファイルなどを編集すると、プログラム言語に合わせてシンタックスハイライトされます

フォルダをドラッグ&ドロップすると、左側にフォルダツリーが表示され、ファイルの操作や編集ができます。

フォルダをドラッグ&ドロップすると左側にフォルダツリーが表示されます

Sublime Text 3には、操作を便利にするショートカットキーが多く存在します。
以下のサイトで、すべてのショートカットキーが公開されています。
Mac版とWindows版でわかれているので、自分の環境にあったページを参照してください。

http://wakamsha.github.io/dev.cm/appendix/cheatsheet/sublimetext.html

まとめ

今回は、Sublime Text3のインストールから簡単な使い方を説明しました。
Sublime Text 3を使いこなすための設定やプラグインの紹介もしているので、ぜひ参考にしてください。

次回は、プラグインをインストールするための、Package Controlの設定方法について説明します。