Sublime Text 3をインストールする方法【Windows】

前回は、Sublime Text 3のインストール方法について説明しました。
今回は、インストールしたSublime Text 3でパッケージを使うための設定について説明します。

Package Controlのインストール

数多く公開されているパッケージをSublime Textにインストールするために、PackageControllをインストールします。

  1. Sublime Text 3を起動します。
    Sublime Text 3を起動します。

  2. 「Ctr」 + 「@」キーを押してコンソールを開きます。
    「Ctr」 + 「@」キーを押してコンソールを開きます。

  3. 本家ページから、Package Controlのインストールコードをコピーします。
    本家ページからPackage Controlのインストールコードをコピーします。

  4. 3でコピーしたコードを、コンソールに貼り付けてEnterを押します。
    コピーしたコードを、コンソールに貼り付けてEnterを押します。

以上でインストールは完了です。

設定確認

“Preferences” -> “Package Control”で、以下のような画面が表示されればインストール完了です。
設定完了画面

プロキシ設定

社内などでプロキシ環境下でSublime Textを使う場合、以下のようにプロキシ設定をする必要があります。

“Preferences” -> “Package Settings” -> “Package Control” -> “Settings – User”を開きます。

以下の例に従ってプロキシサーバーの情報を入力しましょう。

{
    "http_proxy": "http://[proxy_server]:[port]",
    "https_proxy": "https://[proxy_server]:[port]",
    "proxy_username": "username",
    "proxy_password": "password"
}

基本的な使い方

Package Controlの起動

以下のショートカットキーでもPackage Controlを起動できます。

「Ctr」 + 「Shift」 + 「P」

パッケージのインストール

パッケージをインストールする際は、Package Controlを起動した後”install”と入力し、「Enter」を押します。
、Package Controlを起動した後"install"と入力し、「Enter」を押します。

インストールするパッケージ名を入力して「Enter」をクリックします。
例としてVim化プラグインの”Vintageous”をインストールします。
インストール中は、左下のバーが左右に動いています。
例としてVim化プラグインの"Vintageous"をインストールします。

以下のように、プラグインのReadmeやメッセージが表示されれば、インストール完了です。
プラグインのReadmeやメッセージが表示されれば、インストール完了です。

以上で、インストール作業は完了です。

続いて、パッケージ削除の方法について説明します。

パッケージの削除

先ほどと同様にPackage Controlを起動して、”remove package”と入力します。
Package Controlを起動して、"remove package"と入力します。

削除するパッケージ名を入力して「Enter」をクリックします。
例として、先ほどインストールした「Vintageous」を削除します。
削除中も、左下のバーが左右に動いています。
例として、先ほどインストールした「Vintageous」を削除します。

削除完了後は、特にメッセージは表示されません。
(実は、左下に一瞬削除完了のメッセージが表示されていますが。)

まとめ

今回は、Sublime Text3のインストールから簡単な使い方を説明しました。
Sublime Text 3を使いこなすための設定やプラグインの紹介もしているので、ぜひ参考にしてください。