WordPressでGoogleマップの地図を表示するプラグイン【Simple Map】

観光スポットの紹介をするブログや企業サイトで所在地を表示する場合など、地図を使う場面は多いと思います。

今回は、「Simple Map」というGoogleマップを使って地図を掲載するためのプラグインを紹介します。
「Simple Map」はPC・スマートフォンの画面で最適化された地図を表示してくれます。

「Simple Map」のインストール

  1. 管理画面の「プラグイン」にカーソルを合わせ「新規追加」をクリックします。
  2. 「プラグインの検索」ボックスに”simple map”と入力し「Enter」を押します。
  3. “simple map”の「いますぐインストール」ボタンをクリックします。
  4. 「プラグインを有効化」をクリックします。

「Simple Map」の使い方

固定ページや投稿ページに以下のようなショートコードを張り付けるだけです。

[map addr="マップに表示したい住所やスポット名"]地図を表示する[/map]

例として、東京タワーを表示します。ショートコードを記載する際は、テキストモードになっていることを確認してください。

東京タワーを表示するサンプルコード

画面幅いっぱいに地図が表示されます。

東京タワーを表示した地図

以下のように緯度経度を指定することもできます。

[map lat="35.677443" lng="139.74498"]緯度経度で指定[/map]

指定した緯度経度を中心にピンがたった状態で地図が表示されます。

緯度経度を指定して地図を表示する

地図の表示サイズを指定することもできます。

[map width="400px" height="300px"]東京都千代田区永田町1-7[/map]

ちなみに、幅、高さともに%指定も可能です。

サイスを指定して地図を表示

このように、様々な指定方法で地図を表示できます。

まとめ

「Simple Map」を使うことで、簡単にGoogleマップの地図を表示することができました。
表示領域の大きさと、住所を入力するだけでとても使いやすいと思います。

Webサイトに地図を表示したい場合は、ぜひ試してみてください。